興味のあるものを勉強に活かしていこう【スタディマスター】

簿記を修得する

簿記検定の魅力について

日商簿記は毎年多くの人が受験する人気資格の1つです。資格を取得していると企業の経理部への就職や転職に有利に働くだけでなく、その知識は普段の仕事でも役に立ちます。試験は3級から1級があり2級以上を取得していると就職や転職に有利に働きます。簿記2級の難易度は合格率が20%程度と決して容易に合格できる試験ではありません。しかし計画を立ててコツコツと勉強すれば独学でも合格可能で多くの人が独学で合格しています。簿記2級の試験科目は商業簿記と工業簿記の2科目からなり、工業簿記を苦手科目としている人は多いです。商業簿記は3級でも試験科目となっており、初めて簿記を勉強する人は3級から始めることをお勧めします。

工業簿記攻略法について

工業簿記は製造業で原材料を仕入れて加工・製造して製品がいくらかかるのか、販売していくらの利益を出すのかといった流れを仕訳していくことになります。なので実際にこの製品を製造・販売していく流れをイメージすることが大切です。製品の種類が3種類あったり、製造工程が2つあったりしてそれぞれの製品にかかる電気代や人件費を割り振っていく作業がややこしくて苦手としている人が多いのですが、流れをイメージして工業簿記のパターンをマスター出来れば合格レベルとなりますので独学で攻略可能です。後は過去問や演習問題を繰り返してパターンに慣れることです。工業簿記をマスター出来ればほぼ簿記2級は制覇できますし、簿記2級までは十分独学で合格可能です。

小論文の添削サービス

小論文は様々なところで試験の1つとして取り入れられています。近年ではこの小論文を添削してくれるサービスを提供しているところも多く、利用することでどこが弱いのか、直すべきなのかが明らかになります。

デコを極める

資格の中にはデコを極めていくという方法があります。通信講座や通学など多くの方法があるので、それぞれのメリットについて踏まえていきながら決めていくことが肝心であると言えるでしょう。

資格を武器にする

資格取得のブームが来ているため、多くの資格試験や講座が展開されるようになっています。簿記にも日勝や工業など多くの種類があるので、それぞれの特徴について把握していきましょう。